• 0120-45-0503
  • Facebook

最終更新日 2020/10/29

株式会社心輝
0120-45-0503 0120-45-0503
Home > 工場ブログ > 2016年 > 7月

熱中症になってしまったら

2016.07.21 木曜日

熱中症かもしれない、と思ったらまずまっ先にしなければならない基本中の基本を挙げてみたので、いざというときのために、ぜひ、覚えておくといいかもしれません。

・涼しい日陰やクーラーの効いた室内などに移動する

・衣類をゆるめて休む

・氷や冷たい水で濡らしたタオルを手足に当てる(氷や冷たい水がない場合は、タオルやうちわ、衣服などを使ってあおぎ、風を送って冷やす。

・水分を補給する(このとき、水分だけでなく、汗によって失われた塩分も補給する必要があるのでスポーツドリンクなどを少しずつ何回も分けて補給する)

ここまでは、自分でもできる応急処置。軽い症状の場合はこれで良い場合もあるが、気分が悪くなるほどなら、ここから先は、周囲の人にサポートしてもらう必要があります。あなたの家族や友人・知人が熱中症になったときのことを考えて、ぜひ頭に入れておくといいでしょう。。 また、レジャーなどにでかけるときは、タオルや冷たい水を入れた水筒、スポーツドリンクや日陰をつくれるようなパラソル、レジャーシートなどを持参するといいですね。

 

熱中症にならないために

2016.07.20 水曜日

梅雨明けもして厚い毎日が続いてますね。そこで、気をつけないといけないのが熱中症です。

熱中症は、ちょっとした注意で防ぐことができます。また、レジャーのときばかりではなく、普段から心掛けて欲しいポイントを挙げてみたのでさっそく今日から試してみてください。

1・体調を整える

睡眠不足や風邪ぎみなど、体調の悪いときは厚い日の外出や運動は控えましょう。

2・服装に注意

通気性の良い洋服を着て、外出時にはきちんと帽子をかぶろう。

3・こまめに水分補給

「のどが渇いた」と感じたときには、すでにかなりの水分不足になってることが多いもの。定期的に少しずつ水分を補給しましょう。特に夏場は汗と一緒に塩分が失われることを考えると、スポーツドリンクなどを飲むのがオススメです。

4・年齢も考慮にいれて

体内の機能が発育途中の子供や体力が衰えはじめた高齢者は熱中症になりやすいので年齢を意識して予防を心がけることも大切です。

 

熱中症

2016.07.15 金曜日

県内でも昨日のような梅雨の合間の晴れた日などに、熱中症の疑いで病院に運ばれる方たちが増えているそうです。

環境や社会の変化にともない、近年ニュースなどでよく見聞きするようになった熱中症。
熱中症は、夏の強い日射しの下で激しい運動や作業をする時だけでなく、身体が暑さに慣れない梅雨明けの時期にも起こります。また屋外だけでなく、高温多湿の室内で過ごしている時にも
みられます。症状が深刻なときは命に関わることもありますが、正しい知識があれば予防することができます。熱中症を知り、自分でできる熱中症対策を心がけましょう。

 

山口大学に期日前投票所

2016.07.08 金曜日

昨日、山口大学に県内初めてとなる大学内の期日前投票所が設置されました。

期日前投票所が設置されたのは、山口大学の吉田キャンパスです。

選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことを受け、若者の関心を高めようと、山口市選挙管理委員会が行った取り組みです。

国政選挙の期日前投票所が大学内に設置されるのは県内初で、さっそく投票に訪れる大学生などの姿がありました。

山口大学での期日前投票所の設置は昨日だけで、今日は県立大学に設置されます。

 

戻る
PAGE TOPPAGE TOP